RDP接続でエラー「お使いの資格情報は機能しませんでした」と言うときの対処方法

こんにちは!

仕事で使っているパソコンでリモートデスクトップ接続することがあります。

先日は接続時にエラー「お使いの資格情報は機能しませんでした」と下の図のように表示されて困りました。



今回はリモートデスクトップ接続時のトラブルについて、解決した方法を備忘録としてここに記録しておきます。

リモートデスクトップ接続時にエラー

リモートデスクトップ接続を行ったときに、「お使いの資格情報は機能しませんでした」と表示されて繫がらない。

昨日は出来たのに、なんで今日はなぜ繋がらずダメなのか?

何か設定を変更したり、windowsの更新処理をしたわけでもないのに。

接続環境は以下の通りです。

接続元OSはwindows7

接続先OSはwindowsServer2012

他のPCからRDP(リモートデスクトップ)は問題なく接続できます。

なぜ自分のPCだけエラーがでるの?

RDP(リモートデスクトップ)接続時のエラー対処方法

原因はわからないが、とにかく復旧しなければならない。

どうすればいいのか、調べてみると同じような症状でお困りの方が結構いる。

対処方法として今回は「資格情報マネージャー」の「Windows 資格情報」に登録するというのを見つけて早速試してみました。

資格情報マネージャーはコントロールパネルにあります。



資格マネージャーを選択し、windows資格情報の追加を選択します。















各項目に必要な情報を入力し、再度RDP接続を試してみたら、無事に接続できました。

これ以外にもドメインを入力しないと接続できないこともありますが、設定に依存するので、そのときはドメインを調べてください。

RDP(リモートデスクトップ)接続時のエラー原因

そもそもの原因がわからない。

なぜ、こんなことが起きたのか、さらに調べてみた。

リモートデスクトップ接続先(サーバ)側で、ローカルAdmin権限のあるユーザーがユーザー名またはパスワードを変更してしまった場合、リモートデスクトップ接続元(クライアント:ワークグループまたはHome Premium)側で「資格情報を記憶する」にチェックを入れていても、「お使いの資格情報は機能しませんでした」となりリモート接続ができなくなるという事が分かりました。

でも、今回接続出来なくなったのは1台だけだから、この事象とは違うと判断しました。

ちなみに、このときの対処方法は、クライアント側で資格情報をいったん削除し、改めて登録しなおせばOK!

一体何が原因でエラーが起きるのかわからないが、なんとか解決できました。

サーバーに対する知識がある程度あるほうが、トラブル時に対処できると思います。

システム管理者が在籍している大手企業なら、トラブルが発生しても即対処してもらえるだろうが、零細企業では誰かが担うか外部に委託してシステムを管理しなくてはならない。

そもそも外部に委託する費用に原資がないにが零細企業なんですよね。

本来の仕事とシステム管理を担うしかないですが、専門知識があるわけではないので苦労します。

しかし、これだけITが社会に浸透した状態で、誰かがやらないと業務が止まってしまう。

多少、独学で勉強しておかないと、いざというときに仕事になりませんね。

あーー怖い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする