絶対無理!楽譜が読めないのに30日でバイオリンが弾けるなんて!

ヴァイオリン
ヴァイオリンを弾く女性

55歳になり仲の良い友人も趣味もなく、これから先に楽しみもなく希望もないオジサンです。

この年になると出世などありえないし、このご時世で給与がアップするどころが、希望退職と言う体のいい首切りに怯える日々。

せめて嫌なことを忘れて自分の時間を楽しめないかと趣味になるようなものを探してみました。

なにか無いかとネットで”趣味”というキーワードで探していると、とある広告に行きつきました。

しかし、この広告をみて驚いてしまった。

楽譜が読めなくても30分でバイオリンが弾けるというキャッチコピー!

そもそも、弾けるというのはどのレベルの事なのか。

めちゃくちゃでいいなら、バイオリンを適当に扱えば音はでる。と、思います

でも、これだと一般的にイメージする“バイオリンを弾ける”にはならないはず。

こうなると、真相が知りたくなるのが人情というもの。あくまでも個人的な感想です。

早速、広告を出しているサイトを確認するまえにバイオリンについての予備知識。

バイオリン 楽器の構造を理解しよう

バイオリンは、本体と弓で音を奏でる楽器です。

弦は4本で、弓は馬の尻尾が束ねて張ってあります。

弓で弦を擦って音を出す楽器を擦弦楽器(さつげんがっき)と言うそうです。

バイオリンの事に興味を示さなければ擦弦楽器と言う言葉すら知らなかった。

バイオリンの弦に対して弓を擦るだけで、葉加瀬太郎さんのような音色は出ないようです。

と言うのは、馬の尻尾でできている弓は、それ自体で弦を擦ってもツルツルして音は出ません。

松脂を馬の毛に塗り込むことで弓で弦を擦ると振動が起きて、はじめて音が出るんです。

普段から手入れをして調整することで、音が奏でられると言えます。

常に調整が必要な楽器と言えるバイオリンを30分程度で引くことなんてできんのか?

楽譜が読めなくても30分でバイオリンが弾ける内容は?

初心者でも楽しく弾けるように!これがコンセプトですね。

コンセプトを元にターゲットは女性が 50代・60代以上、男性が50代・60代以上。

この年齢層をターゲットにするということは、

まず時間に余裕がある。

ある程度の金銭的余裕がある。

この年代になると、若かった頃にやりたかった夢を思い出したり懐かしんだりします。

若かった頃の夢の一つに楽器を奏でることもあったかもしれません。

今からでも夢を叶えることができるんですよ。

それが、このバイオリンの講座なのかもしれません。

はい、ではその夢を叶える内容はと言うと、

教材はレッスン用のDVDがあります。

DVDの内容は、バイオリンの持ち方・構え方・簡単な曲を弾きまでを映像で伝えます。

DVDは2枚構成で準備編(36分)と演奏篇(1時間36分)となっています。

テキスト教本が1冊(118ページ)、レッスン用楽譜が1冊

準備編のDVDには、バイオリンの基本的な扱い方が収録されています。

弓に松脂を塗る場面もあります。

演奏篇のDVDには、レッスン1~12まであります。

よい音を出すコツや弓の使い方の練習方法や弦を押さえる左手の形をマスターする内容など。

演奏するコツだけではなく、基本動作も教えてくれるようです。

他にもステップアップするためにひつような練習のDVDや教本があります。

この教材は楽譜が読めなくてもバイオリンが弾けるとうたっていますが本当なのか。

楽譜が弾けなくてもバイオリンを弾くにはどうするのか

この講座の特徴は楽譜が読めなくてもバイオリンを弾く方法があります。

教材にある楽譜には、バイオリンの弦を押さえる場所がわかるように記号としてあります。

ドレミなどは全てカタカナで表記されています。

だから楽譜が読めなくても、弦を押さえる場所がパっとわかるから弾けるという事らしいです。

教材の内容は誰もが知っている曲を課題曲としているので演奏しやすいです。

この講座にあるDVDは39回分のレッスンに相当すると言われています。

ちなみに、一般的なバイオリンのレッスンを39回受講するとなると15万円以上します。

結構高額ですよね。

でも、このDVD教材だと約33,000円で、しかも楽譜が読めなくてもバイオリンが弾けちゃうんだそうです。

よし!やってみるかと思っても問題はバイオリンが無いこと。

一家に1本のバイオリンがあるわけもなく、やはりハードルは高いかなと思ったら、バイオリンと教材のセットもあるという事。

ここまで用意されると、出来るんじゃないかと思い込んでしまいそうです。

もし興味あれば、見るだけ見て下さい。

短期間で憧れのヴァイオリンが弾ける!初心者向けヴァイオリンレッスンDVD
短期間で憧れのヴァイオリンが弾ける!初心...

コメント

タイトルとURLをコピーしました