RDP接続が出来なくなってしまった時の応急措置!

仕事場で、PCからサーバーにRDP接続したとき、昨日までは何事も無く接続できたのに、今朝は繫がらない。

初めてみるエラー表示に大慌てをしたが、なんだかんだと回避できたことを、今後のために備忘録として残しておこう。

リモート接続できない

このコンピュータに保存されているリモート デスクトップ クライアント アクセス ライセンスが変更されているため、 リモート セッションは切断されました。

リモートセッションが切断されたって言われもね。

こちらが切断したくて切ってやったぜ!という訳でもないので、とても困ります。

サーバー管理者も居ない会社にサーバーを設置するのがいけないのか?

とにかく業者に連絡してみたら、電話口であれこれ聞かれた挙句、あれとこれをちょっとやって欲しいという事を言っていたが、意味がわからん。

しかし、このままでは仕事が捗らないので致し方なく指示に従ったら、接続できたのでした。

レジストリの削除

そもそもレジストリって何なの?

よくわからないけど、言われたとおりにやればいいのね。

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Micorsoft¥MSLicensing¥Storeにある「LICENSE000」を削除。

絶対に間違えないようにと言われたが、そういうことを言われると、超緊張!

もし、間違えたらどうなるんだろう?などと想像がつかないが必死になってやってみた。

普段の仕事よりも緊張感と達成感に、額には汗が・・・。

これで、今日の仕事は終わりだ!ビールが飲みたい!って。

まだ9時30分じゃないか。

などと安堵していたら、まだ作業があると言いやがった。

こうなりゃ、何だってやってやる。

さぁ、次は何だ!

管理者じゃないけど「管理者として実行」?

次の指示は、リモートデスクトップ接続のアイコンを右クリックして「管理者として実行」。

管理者じゃないのに、管理者として実行していいの?なんて思いながらやってみたよ。

繫がったーーー。

また同じことが起こっても言いように対処方法をまとめておいた。

でも、なんでこうなるのか。

それは、次回。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする