どうやって5万円で落札させたのか。

ヤフオク!どうやって5万円で落札させたのか?

高値で落札させるには「1円」で出品する事です。

1個3万8千円(送料込)の商品を仕入れました。

当然ですが事前に調査してから仕入をしています。

直感で仕入をしても売れる保証がないのでそんな冒険はしません。

ヤフオクで、だいたい5万円台で落札されている商品です。

同じ型番の商品を仕入て早速出品しました。

スタート価格も¥52,800でスタートしました。

5日間ほど出品しましたが、アクセス数は50にも満たず、

ウォッチリストなどはたったの3です。

同じ商品なのになぜ落札されないんだろう?

そこで、再度出品しました。

前回同様に同じ期間で同じ価格でスタート。

今度は注目のオークションも設定しました。

しかし、アクセス数は倍以上の200を超えましたが、

ウォッチリストは相変わらず低く15程度です。

何が悪いのかわからず、再調査しても他の出品者は落札されています。

何が何だかわからないまま、再出品をしようと思ったんですが、

このままでは前回、前々回と同じ結果になると思い、

今度は思い切っていつもの1円スタートで始めました。

平日の夜23時ころ出品して就寝しました。

翌朝、通勤途中の電車の中で携帯から確認したら、

なんと!既に1万円を超えていました。

アクセス数も100を超え、ウォッチリストも30以上です。

注目のオークションは設定していません。

1円スタートってこんなに凄いんだと驚きながら、

2日後に確認したら5万円を超えていました。

たった3日でこの結果は凄いと感じましたが、

まぐれではないかと疑いました。

実は同じ商品の色違いをもうひとつ仕入れていたので、早速同じ方法で出品しました。

結果は同じで、あっという間に入札件数が伸びました。

残念ながらこちらの商品は5万円に500円届かずに終了しました。

2つ仕入て合計76,000-で落札合計価格は¥100,750-です。

粗利が24%取れたのが収穫です。

売れる商品を調べ、出品すれば確実に売れます。

そして1円出品がこんなにも有効な手段だと今回は感じました。

1円スタートの脅威はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする