ビジネス文書 各位って誰のこと?使い方と意味について


社内担当者向けに、案内文書を書く事になった。




挨拶や内容は書けるのですが、宛名に疑問を持ちました。社内担当者は複数いるので、どうすればいいのか調べてみました。




そういう時は「各位」でいいらしいと言う事がわかりました。でもこの「各位」って、どういう意味なのか。この記事で「各位」の使い方や意味をお伝えします。




参考になれば幸いです。




各位の使い方について








各位の使い方は、あて先が複数いるような時に使います。




一担当者だけなら、〇〇様でいいのですが、何人にも同じ内容のことを伝える文章のあて先に「各位」を使います。




例えば、「担当者各位」「関係者各位」などがそうです。また、お客様に向けても各位を使う事があります。




例)「ご利用者各位」「会員各位」などです。




「各位」の意味について




各位には「皆様」に対し、一人ひとりに敬う意味がこめられています。




ビジネス文書などに「各位」を用いる事が多々ありますが、あて先に上司が含まれていても問題はありません。




また、取引先に対しては、先ほども説明したとおりすでに「様」が含まれているので、取引先各位でも間違いではありませんが、受け取る相手の印象がよくありません。




一般的に「お取引様各位」や「お客様各位」としているのが通例となっています。




本来の使い方とは違いますが、言葉の意味や使い方は、その時により変化していきます。本来の使い方や意味を知る事で、場面に応じて使ってみましょう。




間違った使い方 例題




例)




お客様各位 御中 ×




お客様各位様   ×




担当者各位 御中 ×




担当者様 各位  ×




このように、「各位」と「御中・様」を混ぜて使うのは間違いとなります。各位と御中を同時に使うのは「敬称」の重複になります。使用する時は注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする