こんな商品を仕入れてヤフオクで落札されました。

どんな商品を仕入れて出品しているのか


仕入れている商品は「スポーツ用品」「文具類」「デジタル機器類のアクセサリー・パーツ」などです。

例えば万年筆や携帯のアクセサリーや登山で着る衣類やスニーカーなどです。

普通すぎて面白くないですか?期待を裏切りましたか?

これと言って特別なものではありませんが、確実に稼げる商品だけを仕入れています。

そして、必ず利益を意識して商品を選んでます。

・私のルール

ヤフオクで3万円前後で落札されている商品があったとします。

もしこの商品を扱うとするならば、最低でも粗利25%を確保できる事を判断基準としているので、この場合には仕入金額は22,500円までとします。

この価格で仕入が可能な所を探して交渉をしていきます。

ほとんどが断られますが諦めず粘り強く探していきます。

最初の頃は断られると気持ちがへこみ、そこで止まってしまう事が度々ありました。

仕入のポイント


仕入をしたい商品を扱っている店舗に連絡をし価格の交渉をします。
99%断られますが、ここで挫けては先に進めません。

1つだけお伝えできる事があります。
それは「数量」です。1つだけ仕入れて出品してもまた次の商品を探すか、同じ商品を仕入れるかしなければなりません。

あらかじめ仕入れておけば落札後にまたすぐ出品できますよね。

仕入で断られない方法の1つに、1回の仕入で複数仕入を行うことです。
ただし、こちらは業者ではないので50や100の単位で仕入は現実的ではありません。
せいぜい10が限界だと思います。

まず相手に複数仕入れることを伝えて見ましょう。
相手から返事が来たら、値引きの交渉をして見ましょう。

かなり大胆な値段で交渉して見てください。

まず無理なのは承知の上で価格を伝えて下さい。

そこから価格を上げて交渉を繰り返しましょう。

値引きが無理でも送料は無料にしてもらうくらいのずうずうしさを持ってください。

最初はできないと思います。私も出来ませんでしたから。
でも数回繰り返していくと、自然と出来るようになっていきます。

少しでも安く仕入れをするには必ず交渉をすることです。

仕入先と商品検索


仕入先の1つとしてあのeBay=イーベイを使っています。
万年筆やスポーツ用品、デジタル機器のアクセサリーなどを仕入れています。

以前、iPhoneが売れ出したときにケースをいくつも仕入れてヤフオクに出したところ、仕入れ値の倍以上で売れました。
万年筆も限定品を3本仕入れて出品し30%程度の利益が出ました。

1つだけだと相手にされませんでしたが、1度の複数個仕入れる事を条件に安くしかも送料もおまけしてもらいました。
相手はすべてアメリカのお店でしたので、英文でメールをして返事をもらい内容を確認して、またこちらから返事をする。
このようなやり取りを数回繰り返し交渉が成立します。

ちなみに私はまったく英語が話せませんので翻訳ツールを使って交渉してました。
翻訳ツールで分らない時は「コニャック翻訳」と言う有料で翻訳してくれるサイトを使っていました。
ほとんど解決できました、と言うか解決できないことはなかったですね。

・商品検索

自分が欲しい商品や売ってみたい商品を仕入れても、失敗すると思います。

仕入をする基準は「ヤフオクで落札されている」商品を探して仕入れることです。

落札されるかわからない商品を仕入れるよりも、確実に落札される商品を仕入れたほうがリスクは低いですから。

では、どうやってヤフオクで落札されている商品を探すのでしょうか。

入札されている商品なら見ればわかりますが、最終的にどうなったのか結果は出品者しかわかりません。

この最終結果を知りたいと思いませんか。

結果がわかれば仕入れるべき商品がわかるわかですから。

その方法は「オークファン」で調べれば簡単にわかります。

無料でも使えるんですが機能が限定的になるのでイライラします。

私は最初からサービスに申し込んでさがしました。

上記の万年筆やスポーツ用品などは、このサービスで調べました。

数ヶ月にわたって同じ商品が売れていれば同じものを仕入れても安心して出品できます。

利益率が高そうでも月に1回位しか落札されていなければリスクがあります。

結果がわかるので仕入る商品がよくわかります。

リスクを回避して仕入れることがヤフオクで成功する1つだと思います。

オークファンをもっと知りたい方はこちらをクリックして下さい。

ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする